肌と腸を綺麗にして美肌になる白湯とレモン


お元気さまです
美を引き寄せる美容家 
河村慎吾です




マインドフルネス瞑想を取り入れた
スキンケア、メイク、小顔矯正を
東京広尾で行っています!


サロンのサービスの中に
マインドフルネス瞑想を取り入れるようになってから
生活全体も変えるようになりました。


瞑想の師匠ニーマル先生からは
「瞑想を伝えるなら自分の波動の管理をすること」
「いい波動でいられる暮らしにすること」
 


このことから
アーユルヴェーダ(インドの伝統医学)を
取り入れた暮らしに変えて行きました


その中でもみんなが
簡単にできる朝の習慣をご紹介します。


朝4時-6時の間に起きて
白湯レモンを飲む



寝ている間に溜まった体内の毒を
白湯は浄化し体を整える必要な朝の習慣


朝:5時10分 ヴァータタイム(風の時間)
ぼくは、朝起きて、まず歯と舌を磨きます
舌に溜まった不純物はそのままにすると
毒素が体に周るため、きれいな状態にします。
 

白湯をコップに1杯とレモンを一切れで
白湯が体の毒出しに効果的な主な理由は

 

①白湯が内臓に流れ込むことによって
汚れを洗い流してくれることです。

②白湯の持つ熱の力で
胃腸が温まり消化力が上がって
毒出しができることです。

食べたものはまず胃腸で消化されますが、
この消化力をアーユルヴェーダでは「消化の火(アグニ)」
すべての生命活動の根源と考えています。

胃腸の消化力が弱ると、食べたものがきちんと消化
吸収されずに未消化物として体内に残ってしまいます。
この未消化物が毒素です。

 体内に未消化物が増えてくると
日中眠い、だるい、意欲がわかない、といった症状が現れ、太りやすくなります。便秘や冷え症、肌荒れ、頭痛・肩こりをはじめ、さまざまな体の不調や病気を招きます。

 白湯を飲むと、胃腸の消化力が上がり
食べたものがよく燃えるようになるので
毒素がたまりにくくなるのです。腸の排泄機能も高まり、体内にたまった毒素や老廃物がどんどん出ていきます。その結果
あらゆる不調が解消し、心身ともに活力に満ちた


健康な状態を取り戻す。

白湯✖️レモンを朝
飲み続けると顔色がよくなる

 こうした白湯の毒出し効果をより
パワーアップした飲み物が、レモン果汁を加えた「レモン白湯」です。

 レモンの酸味は、腸の動きを活発にするので、便秘の改善に効果があります。体内の余分な水分を排泄する利尿作用もあり、むくみ解消にも有効です。レモンに含まれるクエン酸には、疲労物質である乳酸を減らす働きや、新陳代謝を高める働きがあります。美肌やダイエットに欠かせないビタミンCも豊富です。

 また、レモンの香り成分であるリモネンには、リラックス効果や、気分をリフレッシュさせる働きがあります。

 レモン白湯を飲むのは、朝が効果的です。朝一番(朝食の前)に熱いレモン白湯を飲むと、体が温まって消化力が高まり、代謝もアップします。レモン白湯は最強のデトックス飲料です。毒素を体内にためこまない「毒出し生活」の基本として、レモン白湯つづけてみてね!