新ロゴの発表です2020年

お元気さまです
あなたの「女」の時間をつくる
美容家河村慎吾です






日和 Beauty salonのコンセプト








それではいきます























今回デザインを考えた時
2020年の3月あたりから
よく時計を見ると
11時11分で時計を見る回数が
20回くらいあったんです


それでふと、1111を
つなげると…
あっ四角□になった!


4月に入るとなぜか?
11時01分に目が止まることが増え

111をつなげると

お!三角△だ!

▢ときて△とくれば …

ふと時計を見ると
00時01分

◯きたあああああああああ

1を一周にしてつなげると
円になりますね


◯△▢が閃いた時
金沢鈴木大拙美術館で見かけた
掛け軸を思い出したのです

こちらは有名な仙厓和尚の絵

そして今回のロゴ制作は
手鏡、ドレッサーを一緒に生み出してくださった
日本を代表するアクリル作家の俵藤氏に
お願いをしてデザインして頂きました。

◯=自然界(宇宙)の摂理

△=全ての物質の素

⬜︎=概念(人間の考え方)



スキンケア瞑想を伝える


メイクレッスン|スキンケア|女性性|自己肯定感|美肌|美容|呼吸法|瞑想|先生|東京|広尾|体験|セミナー|人相|人相学|30代|40代| 50代|個人事業主|男性目線|ヨガ|ハタヨガ|ストレス|頭の疲れ|脳の疲れ|ハーズ|プレシャス|子育て|育児|ヴィーガン|マインドフルネス|心理学|乾燥肌|妊娠|出産|復職|顔タイプ診断|suwaru|ニーマル先生|EPW|スワル|日本瞑想協会



瞑想の為だけの時間を作るのは仕事も子育ても女の時間も
一緒に楽しみたい自立した女性には難しいと思った
だからこそ、スキンケアと一緒にマインドフルネス 、瞑想を
取り入れてみてはどうだろうか?



よく瞑想とは目を閉じて
深呼吸することが瞑想だと思われているが
今回ニーマル先生から学んだことで
僕は本質に出会えたと思います

僕がニーマル先生からの学びを
これからスキンケア瞑想を学びたい人向けに
違いを説明します。

──────────── 
瞑想とマインドフルネス の違い
──────────── 
瞑想
(フォーマルプラクティス
形式的な練習を意味します
・決まった時間、場所、やり方、毎日座って行う瞑想
例:朝6時に決まった部屋の場所で
ソーハムとパーナアパーナ瞑想を20分行う


歴史
(歴史)
紀元前1500年頃
ヒンズー教の流れを汲んだ
ヴェータンの経典に瞑想を意味する
Dhyanaという単語が記され
古代ヒマラヤ地方で瞑想法が議論
紀元前5世紀頃、仏教により
別の瞑想法が発展
インダス川付近で壁に向かって瞑想を
練習している図が見つかる。

──────────── 

マインドフルネス
(インフォーマルプラクティス)
形式にとらわれない練習を意味します
・いつでもどこでも日常の行為の中で実践するのが
マインドフルネスです
例:通勤途中の車内、食事中、台所での料理
スキンケア、メイク中、散歩中など

 
アメリカでは1901年シカゴにて
第一回万国宗教会議では
スワミヴィヴェーカーナンダ氏が
瞑想を紹介しています

──────────── 




僕が美容家として伝えたい
スキンケア瞑想とは

──────────── 
こんなお悩みの時に役に立ちます
──────────── 

────────────
スキンケア瞑想で得られる効果
──────────── 


「女」の時間をつくる肌のお手入れ


お元気さまです
あなたの「女」の時間をつくる
美容家 河村慎吾です



本日はスキンケア瞑想を
名古屋で初開催させて頂きました



主宰してくださった
ボイストレーナー×表情筋講師
山室彩さんが、スキンケア瞑想に参加された
ご感想をご紹介。







誰もが平等に持っている24時間。
人には様々な役割があって
「自分自身」でいる時間というのは
もしかすると、1時間もないかもしれない。



女性は「母」であったり「妻」であったり「娘」であったり「社会的な役割」であったり本当に忙しい。



女性が「自分自身」でいる時間を「女」の時間とするならば、河村 慎吾さんは目の前の女性の暮らしに美しい「女の時間」を取り戻し


「今ここに生きる自分自身を愛する」
ことができるよう、導くことに
自らの全てを捧げている人だ。

 

先日、河村さんをお招きして、名古屋初の「瞑想スキンケア&メイク レッスン」が開催されました。



瞑想と融合したスキンケアによって、自分自身の扱い方が変わる。



リップメイクだけなのに
その人本来の魅力がグッと引き出される。
人は、自分が自分をどう扱うかで、周りからどう扱われるか、が決まります。



変えるべきは、自分自身の扱い方。
それを、肌の触れ方を通して
感じた2時間でした。