心をゆるめる学び

いたい、よく遅刻をしてしまう。

予定を詰めてしまいやすいたちなのだった。

 

そこで一時期から決めた。

「スケジュールに、余白を作る」と。

 

人生とは「今ここ」の連続。

この瞬間をたっぷりの五感を使って

味わうように丁寧に生きなくては。

 

に力の入るとても寒い日。

ふと街のパン屋をのぞく。

 

とあるパンの説明書きに

「体を温める食材あつめました」と書かれている。

僕は迷わずそのパンを

トングでつかみレジへ向かう。

 

「引き寄せの法則」というフレーズを

よく耳にする人も多いんじゃないかな。

1日3食、美味しいなと喜びながら

食事ができると引き寄せられる、という。

 

自分自身をご機嫌に

保ってあげなくてはいけない。

 

五感に素直に従って

自分で自分を喜ばせる術を

知っていなくてはいけない。

 

そのためには時に「余白」を

とても大切にしなくちゃね。

 

しがり屋だった僕は

最近は「休むを学ぶ」ことにしている。

 

どんなに忙しくても

海へ行ってサーフィンをする。

波に乗ったり、揉まれたりしているうちに

僕は自然の一部になっていく。

 

ヨガをするのも

かっこよくポーズをとるためではなく

リラックスできる呼吸の仕方や

体の力を抜くためのコツを

習得したいから。

 

前は休むことが不安だったこともある。

立ち止まっている気がしていたから。

 

でも、今は違う。

そうやって五感を整え自分と向き合うと

感性が研ぎ澄まされ

よりよい仕事ができる。

それが、手に取るように分かる。

 

なたはどうだろう?

 

もし自分がどうしたいのか分からないときは

心をゆるめてちょっと立ち止まってみよう。

 

豊かなあなたの五感は

おのずと次の道を開いてくれるはずだよ。

 

 

 

 

 

 

 


(語り)整顔クリエイターSHINGO
(文)NAOMI

 

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

編集後紀

 

yoga講師をしています。

ヨガをしていると

アサナ(ポーズのことです)に

その人その人の性格がものすごく

反映されるのが分かります。

 

ヨガでは力を入れるのと同じくらい

「力を抜くこと」にもフォーカスします。

自分のからだなのに

上手く力を抜くことができない人が

意外と多いのです。

 

何事にも真面目で

一生懸命な人ほど力が入りやすい。

 

時には思いっきり

手放すことに集中して

緊張をといてあげることの大切さを

日々感じています。

美しい空間を彩る人

きなカフェがある。

いくつかあるお気に入りの店の中でも

とびっきり大切にしたいカフェ。

 

以前、友人を連れて行ったときに

「この店はここからの景色が

一番素敵なんだよ」と席へ案内したら

美意識へのこだわりに驚かれたこともある。

 

空間の美への執着が

僕は人一倍強いのかもしれない。

 

 

ろんなカフェへよく行くけれど

そこは、ただ居心地が良いだけではなくて

しゃんと背筋が伸びる気がする特別な場所だ。

 

小さな、でも、とても

こだわりの詰まったその店は

魅力たっぷりのご夫婦が営んでいる。

 

 

折、その奥様と会話を交わす。

そうしたら、ふとこんな話をしてくれた。

 

ご主人と出逢った当時のこと。

奥様には恋人がいたらしい。

 

 

主人は奥様に

「君と付き合える男性って

とても幸せな人生なんだろうね」

と言ったそうだ。

 

「その一言が忘れられなくて

私はこの人と付き合うことをきめたんですよ」

 

いつかもし、好きな人に恋人がいたら

そんな風に伝えてみるのもいいな。

カフェから見える路地に目をやりながら

ぼーっとそんなことを考えていた。

 

 

いしいコーヒーやお茶を入れ

人々が安らげる空間を作る

カフェのオーナーとは

美しい感性の持ち主が多いのかもしれない。

 

また別のカフェの女性オーナーは

「選択肢に迫られたら

いつも美しい方を選ぶ」ということを

話してくれた。

 

そんな選択基準にしてしまうと

時には苦しい道を選ばなくてはいけない場合にも

当然ながら出くわしてしまう。

 

その女性オーナーはさらに続けて言った。

「小さな苦労を積み重ねてね」と。

 

なたはこれからの未来

どんな自分でありたいだろう?

 

そんな物思いにふけるために

五感を豊かにするために

時には肩の力を抜いて

おいしいコーヒーを一杯いかが?

 

 

 

 

 


(語り)整顔クリエイターSHINGO
(文)NAOMI

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

編集後紀

 

どんよりと暗い、雨がしとしと降る日。

その日は慎吾先生と

ミーティングの約束がありました。

指定のカフェに入り、通された席へ座り

ぼーっと外を眺め、慎吾先生を待ちます。

 

窓ガラスに当たった雨は水滴となり流れ

また他の水滴とくっつき

新しい模様をつぎつぎに成していく。

その様子がとても美しく

ついつい時間を忘れてしまう。

 

ふと、その瞬間。

なぜ慎吾先生がそのカフェを

選んだかが分かりました。

 

後からやってきた慎吾先生は言います。

「僕はね、雨の日は大きなウィンドウのある

 お店に入るのが好きなんだ」

 

やっぱり!

私は思わず嬉しくなって

「先生、私なぜだか分かります」と

応えるのでした。

 

外見はピリっと中身はふわっと / 横顔美人セラピー

 

今日のお客様は「凛」とした外見の魅力を持って生まれ

少女時代「キツイ、コワイ、近寄りガタイ」と

周りの人へ思わせないよう外見はやさしく、やわらかく

見せるファッション、メイク、髪型選ぶ。

自分のしたいように、やりたいように生きる人生より

見る人と縁や関係を大切にするお客様。

 

 

 

 

私、普段ヒールを履かないんです

そんな私は、横顔美人セラピーを受けたあと

今日の帰り道、ほんのちょっとの高さヒールを見つけ

持ち帰りましたよ。

 

 

 

本日も、施述と楽しいお話から、私の中に眠る

女の私を目覚めさせて頂きました。

 

 

 

変わりたいと言いながら

やらない理由を並べる人。

変わりたいと言わずとも

今、自分に何ができるか考える人もいる。

 

 

 

その2/横顔美人セラピー誕生秘話

横顔美人セラピー誕生秘話
メイクの先生から整顔クリエイターへ
河村慎吾先生インタビュー   その2

 

 

 

-----------

取材者(茶色字)

慎吾先生の話は(青字)

-----------

 

ところで、この「横顔美人セラピー」って、
とても印象的なネーミングで

素敵だなと思ったのですが

どうやってこの名前を考えたのですか?

 

 

「小顔矯正」
という言葉も考えたのですが、
僕はこの言葉に全く興味が持てない
ということに気がついたんです。
小顔って、正面から見た
平面の顔のことですよね。
でも、
顔の大きさって
他人と競うものじゃない
と僕は思ったんです。
自分の心が決めるものだし、
顔のセラピーは
自分の心の豊かさ
のためにやるものだなと。
そんな風にネーミングについて
色々と考えている時期に
とある集まりに行ったら、
地元の先輩にこんなことを言われたんです。
「慎吾、お前なんで
    女の横顔ばかり
 チラチラ見てるんだよ?」って。
その瞬間、
「これだ!この言葉だ!」
と思ったんです。
実際、僕はよく女性の横顔を
よく見ていたんですよ。
目が勝手に行ってしまうんです。
そういう部分って
自分の目利きの分野なんですよね。

なるほど、そこで「横顔」
というキーワードが生まれたんですね。
では、「美人」についてはどうでしょうか?

 

 

繰り返しになりますが、

顔が大きいとか小さいとかって、

人の魅力には全く関係ないですよね。
人と比べるのではなくて、
人から見えない所に
手をかけることを大切に。

 

人から見えないところ
手入れに励んでいる女性を
僕は美しいと思うんです。
 
そういう人を僕は美人だと思うし
そういう思いの人を1人でも多く
世の中に送り出したい。
 
このような思いから、
「横顔美人セラピー」
という言葉を生み出しました。

 

このセラピーを行うにあたり、
サロン名も新しく考えたとお聞きしましたが

その話をお伺いしてもよろしいでしょうか?

はい、サロン名は
「Beauty salon 日和」です。

美しいサロン名ですね!
名前の由来をお聞きしても良いでしょうか?

僕はサーフィンをするんですが、

ある雨の日に
休憩のために一度
海から上がった女の子が
また海に入ろうとしていたんですね。
雨で天気も悪かったので
「まだ入るの?」
と僕は彼女に聞いたんです。

 

その時に彼女はこんなふうに答えました。

「今日は大潮だし、

   あと1時間しか波がないから
今しか楽しめないでしょ。」
その時に、僕は思ったんです。
彼女にとって、
今日はサーフィン日和なんだな。と。
実は彼女にとっては、
その日は約1ヶ月ぶりのサーフィンでした。
台風などでしばらくサーフィン
ができていなかったそうなんです。
真実は一つ。
解釈は無限大。
自分の受け取り方次第ですよね。
雨の日に
「生憎の雨」という人もいるけれど

 

同じ雨でも
「恵みの雨」という人もいますよね。
どんな日和にするかはあなた次第。
どんな日であれ、
どんな一日ととらえるかは自分次第。
どんな日であれ、
美しい一日にすることが出来るんです。
 
このセラピーを受けに来た日が、
自分と向き合い自分を愛する方のための
美しい1日でありますように。
という願いを込めて名付けました。

お話くださり
ありがとうございます。
慎吾先生が
「横顔美人セラピー」
「Beauty Salon 日和」
込めた想いしっかりと理解できました。
このセラピーを
継続して受け続けることは
どんな日であっても自分次第で
良い一日にすることができる。
そう思える自分になれると思います。
体や顔を整えるだけではなく
自分の心の状態まで
綺麗に美しく整えることが出来る
セラピーなのですね。
────────── 

 

パートナーの条件

一緒にいる仲間

パートナーの条件。
性格も、性別も違っていい
価値観が同じなら。

 

 

彼女はランチ後に
グロスを早く塗り直してよ

そう言いながら僕を外へ連れ出す。

 

 

 

 

その価値観僕も同じだよ。 

さすが、価値観の近いママの娘さん

 

 

 

幼なじみのパパと僕のパパは

同級生でバイク仲間

 

 

 

同じ価値観だから

価値観は世代を超えて繋がるんだね

 

あと10年したら高校の入学祝いに

コスメ選びに行こうね

 

 

 

今日の一枚

────────── 

 

 

お嬢さんのお母さんと

僕は生まれた時からの幼馴染

僕の父と彼女の父は

ツーリング仲間の友人

家も近く僕と幼馴染は

幼稚園が一緒でした

 

 

 

価値観が似てると

5歳のお嬢さんと初対面でこうまでも

意気投合できるのかと

人間の美意識を受け継ぐって

すごいなぁと、ただ関心です