東京渋谷のメイクレッスン・メイク教室|男性目線のメイクレッスンです

> BLOG > 心を揺さぶる言葉たち
 

心を揺さぶる言葉たち

2020年01月23日

「ドラマのような日常を」と心に決めているから
僕の目も耳も、いつも
美しさを求めているのかもしれない。

 

毎日を送るうえで

そのまま心に留まってしまった

忘れがたい台詞たち。

 

ちょっとだけご紹介しよう。

 

————————–

 

「どっちが好きか、じゃなくて

 どっちといる時の自分が好きか、だよ」

 

別れた彼女との久しぶりの電話。

 

僕か今の彼氏。

どちらが好きか冗談まじりで尋ねたときの

意表を突いた返答。

 

そういえば女優の蒼井優さんも

同じようなことを言っていたっけ。

 

誰かの小説の一節にでもあるのだろうか。

 

電話を切る直前にその人は言った。

 

「また自分のこと愛せたら

私のことも愛してね」

 

————————–

 

「去った人ではなくて、

 残った人を大切に」

 

 

当たり前すぎて気付かなかった

すぐそばにいる人を大事にしようと

心に誓わせた一言。

 

仕事で行きづまっていた僕に

心に強く刺さる言葉。

 

そのとき自分と約束する。

 

カフェのテーブルの向かいで

ちょうど笑っていてくれた

この人を大切にし続けよう!と。

 

————————–

 

「私からハグさせて!」

 

驚くことなかれ、女友達からの発言。

 

海外生活の長い彼女。

 

久しぶりの再会で、ハグを断られ

言われた一言がこれ。

 

「あなたは待っていればいいんだよ」

 

屈託なく笑うその横顔は

とても綺麗だった。

 

————————–

 

どうだろう?

 

あなたの日々の生活にも

きっと魅力的なワンシーンは溢れている。

 

いつでもキャッチできる準備を

いつも自分の心に持ってね。

 

今日も行ってらっしゃい!

 

 

 

 

(語り)整顔クリエイターSHINGO
(文)NAOMI