東京渋谷のメイクレッスン・メイク教室|男性目線のメイクレッスンです

> コラム > 「 なぜ? 仕事に愛を注ぐ男は花を飾るのか? 」
 

「 なぜ? 仕事に愛を注ぐ男は花を飾るのか? 」

2020年08月05日

お元気さまです

 

 
 
2020-07-28 午後4.51.08
メイクレッスン/スキンケアレッスン
小顔整骨/オーガニックスキンケアショップを主宰する
美容家 整顔クリエイター河村慎吾です

 

 

 

今日は植物が好きな男と

花が好きな男の違いのお話
最後まで読んでくださることで
花贈りを愛する男性目線での気持ちが
感じれます。

 

 

 

IMG_9678 2

植物が好きな男は
育むのが好きな男

 

 

 

 

L1050529
花を飾る習慣がある男は

贈りものが好きな男。 

 

 

 

 

贈り物を渡す時は

花を添えて贈る。

 

 

 

 

受け取った相手は
彼は花を人に贈れる人だから

「私からも花を贈ってもいいのね」と想わせる。

 

 

 

仕事に愛を注ぐ男というのは

仲間、お客様にも、愛を注ぐ。

 

 

 

結果として花を贈った相手から

花を贈り返される。

 

 

 

そこで彼らは気づくのです。

 

 

 

「人に対して花を贈ってきたけれど

自分の為に花を買ってこなかったから、花瓶がない」ということに。

 

 

 

仕事に愛を注ぐ男は

「与える」・「注ぐ」人のために

費やす時間と行動が多い。

 

 

 

その割に

「振り返れば自分には何もしてこなかった」

なんて言う声は

トップリーダーの男性達からこそ

チラホラ聞こえてきますね。

 

 

 

 

今まで人に花を贈ってきたぶん

誕生日ウィークには

多くの花をプレゼントされる。

 

 

 

嬉しいけれど、飾りきれず

どうしたものかと

お気に入りの花屋の店主に相談。

 

 

 

 

花束用の花瓶を用意してもらい

これで一安心。

 

 

 

プレゼントで頂いた花々は

十日も過ぎる頃、枯れはじめる。

 

 

 

あれだけ、花で賑わっていた部屋から

一輪も花が無くなるのは、どこか寂しいなぁ。

 

 

 

そういえばプレゼントの中に

僕が起業当時から

可愛がってくれている姉御から

 

 

 

005ACDC0-9BF9-49AE-9B7F-CBE613B79C8E

バラ一輪に添えられて

花瓶があったことを、ふと思い出した。

 

 

 

 

14F76C53-053A-4D6C-B44B-8FA17904F923

『花贈りが大好きな しんご ちゃん

贈ってばかりいないで、今年は自分の為の花を飾るのよ。

この花瓶に花を絶やさないようにね、いい? わかった?

それが今年の、私との約束ね』

 

 

 

 

バースデーカードの言葉を読み返し

「いつも気にかけくれていたんだなぁ」と

 

 

 

恋愛関係でもない女性から

想われること、見ていてくれる嬉しさ。

 

 

 

起業当時からの

努力が報われますよ 姉さん。

 

 

 

姉御との約束は

今日で932日目。

 

 

 

 明日から週末が始まる帰り道

通りすがりに

花屋を見つけて、ふらっと立ち寄る。

 

 

 

金曜の夜、週末を楽しむ花を買う

新しい当たり前が身につきました。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

玄関に花を生けて

毎朝の「いってらっしゃい」

毎晩の「おかえりなさい」。

 

 

 

 今日も変わらず

僕を見守ってくれて

勇気づけてくれています。

 

 

 

 

 

 姉さん、あの日の約束は

今日も続いていますよ。         

 

 

 

 

 

美容家 整顔クリエイター

河村慎吾

 

 

 

写真に関して
──────────────
記事内の写真は
美容家 整顔クリエイター

河村慎吾がライカと共に
世界中を旅した時の写真
日々の暮らしの中で撮影した写真です。

無断での使用はお断りしていますが
使用希望の場合
お問い合わせくださいませ。

ライカバルナッククラブにて
入賞作品はこちら

──────────────

体験予約はこちら