その2/横顔美人セラピー誕生秘話

横顔美人セラピー誕生秘話
メイクの先生から整顔クリエイターへ
河村慎吾先生インタビュー   その2

 

 

 

-----------

取材者(茶色字)

慎吾先生の話は(青字)

-----------

 

ところで、この「横顔美人セラピー」って、
とても印象的なネーミングで

素敵だなと思ったのですが

どうやってこの名前を考えたのですか?

 

 

「小顔矯正」
という言葉も考えたのですが、
僕はこの言葉に全く興味が持てない
ということに気がついたんです。
小顔って、正面から見た
平面の顔のことですよね。
でも、
顔の大きさって
他人と競うものじゃない
と僕は思ったんです。
自分の心が決めるものだし、
顔のセラピーは
自分の心の豊かさ
のためにやるものだなと。
そんな風にネーミングについて
色々と考えている時期に
とある集まりに行ったら、
地元の先輩にこんなことを言われたんです。
「慎吾、お前なんで
    女の横顔ばかり
 チラチラ見てるんだよ?」って。
その瞬間、
「これだ!この言葉だ!」
と思ったんです。
実際、僕はよく女性の横顔を
よく見ていたんですよ。
目が勝手に行ってしまうんです。
そういう部分って
自分の目利きの分野なんですよね。

なるほど、そこで「横顔」
というキーワードが生まれたんですね。
では、「美人」についてはどうでしょうか?

 

 

繰り返しになりますが、

顔が大きいとか小さいとかって、

人の魅力には全く関係ないですよね。
人と比べるのではなくて、
人から見えない所に
手をかけることを大切に。

 

人から見えないところ
手入れに励んでいる女性を
僕は美しいと思うんです。
 
そういう人を僕は美人だと思うし
そういう思いの人を1人でも多く
世の中に送り出したい。
 
このような思いから、
「横顔美人セラピー」
という言葉を生み出しました。

 

このセラピーを行うにあたり、
サロン名も新しく考えたとお聞きしましたが

その話をお伺いしてもよろしいでしょうか?

はい、サロン名は
「Beauty salon 日和」です。

美しいサロン名ですね!
名前の由来をお聞きしても良いでしょうか?

僕はサーフィンをするんですが、

ある雨の日に
休憩のために一度
海から上がった女の子が
また海に入ろうとしていたんですね。
雨で天気も悪かったので
「まだ入るの?」
と僕は彼女に聞いたんです。

 

その時に彼女はこんなふうに答えました。

「今日は大潮だし、

   あと1時間しか波がないから
今しか楽しめないでしょ。」
その時に、僕は思ったんです。
彼女にとって、
今日はサーフィン日和なんだな。と。
実は彼女にとっては、
その日は約1ヶ月ぶりのサーフィンでした。
台風などでしばらくサーフィン
ができていなかったそうなんです。
真実は一つ。
解釈は無限大。
自分の受け取り方次第ですよね。
雨の日に
「生憎の雨」という人もいるけれど

 

同じ雨でも
「恵みの雨」という人もいますよね。
どんな日和にするかはあなた次第。
どんな日であれ、
どんな一日ととらえるかは自分次第。
どんな日であれ、
美しい一日にすることが出来るんです。
 
このセラピーを受けに来た日が、
自分と向き合い自分を愛する方のための
美しい1日でありますように。
という願いを込めて名付けました。

お話くださり
ありがとうございます。
慎吾先生が
「横顔美人セラピー」
「Beauty Salon 日和」
込めた想いしっかりと理解できました。
このセラピーを
継続して受け続けることは
どんな日であっても自分次第で
良い一日にすることができる。
そう思える自分になれると思います。
体や顔を整えるだけではなく
自分の心の状態まで
綺麗に美しく整えることが出来る
セラピーなのですね。
────────── 

 

パートナーの条件

一緒にいる仲間

パートナーの条件。
性格も、性別も違っていい
価値観が同じなら。

 

 

彼女はランチ後に
グロスを早く塗り直してよ

そう言いながら僕を外へ連れ出す。

 

 

 

 

その価値観僕も同じだよ。 

さすが、価値観の近いママの娘さん

 

 

 

幼なじみのパパと僕のパパは

同級生でバイク仲間

 

 

 

同じ価値観だから

価値観は世代を超えて繋がるんだね

 

あと10年したら高校の入学祝いに

コスメ選びに行こうね

 

 

 

今日の一枚

────────── 

 

 

お嬢さんのお母さんと

僕は生まれた時からの幼馴染

僕の父と彼女の父は

ツーリング仲間の友人

家も近く僕と幼馴染は

幼稚園が一緒でした

 

 

 

価値観が似てると

5歳のお嬢さんと初対面でこうまでも

意気投合できるのかと

人間の美意識を受け継ぐって

すごいなぁと、ただ関心です

 

 

 

 

その1/横顔美人セラピー誕生秘話

 

横顔美人セラピー誕生秘話

メイクの先生から整顔クリエイターへ

 

河村慎吾先生インタビュー   その1

2020年より「横顔美人セラピー」

新メニューをスタートさせた

 

Shingo Makeup School

河村慎吾先生。

 

「男性目線のモテるメイク」で有名な

慎吾先生がメイクとは違う

新しいメニューを始めることになった

きっかけ,このセラピーに込めた

想いについてインタビューをしてきました。

 

-----------

取材者(茶色字)

慎吾先生の話は(青字)

-----------

 

吾先生今日は宜しくお願いいたします。

「横顔美人セラピー」について

お話を伺いたいと思います。

 

これまで慎吾先生が教えてこられた

メイクやスキンケアとは

違ったジャンルのメニューだなと

思ったのですが、今回横顔美人セラピー

を始めたきっかけなどはあるのでしょうか?

 

 

は「外見」「見た目」で

様々な思いをしてきました。

 

これまでの自分の経験から

容姿だけでなく、仕草や振る舞いも含めて

常に自分を整えることが

大事だと思っています。

 

メイクやスキンケアなどをこれまで

皆様に教えてきましたが、

今度は身体の土台から美しく整える

お手伝いをすべく

横顔美人セラピーを始めました。

 

 

台を整えることで内面も

整えることになるのですね。

では次に、外見・見た目が

人に与える印象について

お話をお聞きしたいと思います。

 

吾先生は背が高くて

外見もスタイリッシュ。

そして低音で響く声が素敵だなぁ

と思うのですが、

ご自身の外見や声などは意識を

していらっしゃるのですか?

 

 

そうですね、今は意識しています。

でも、昔は全く自分の外見に

全く興味は無かったんです。

 

実は昔、ある懇親会で

生徒さんからこんな風に

言われたことがあったんです。

 

「慎吾さんの話って

    内容はすごく良いんだけど、

 話し方が早すぎて聞き取れないから

 もっとゆっくり喋ってくれませんか」

 

それを聞いて、その生徒さんを

悲しませてしまったなぁ・・・

と思ったんです。

 

 

その出来事で自分のスイッチが入り、

自分を変えよう。話し方を変えよう。

 

 

そう思い、すぐに話し方の

ボイストレーニング教室を

探して通い始めました。

 

 

吸法を学んで、

話し方を変えることができたんです。

なるほど、その素敵な声は

ボイストレーニングの賜物なんですね。

そうなんです。

 

 

それと、外見については、

こんなことがありました。

 

粧品売り場で働きたくて

採用面接をいくつか受けたのですが、

外見が原因で落とされたことが

多かったんです。

 

 

「うちの売り場の外見じゃない」って言われて。

それがとてもショックだったんです。

その時にこう決めたんですよ。

 

 

もう外見で落とされるような

人生は絶対に歩まない!って。

 

 

かに中身ではなく外見だけで

決められてしまうなんて

ショックですよね。

外見を変えようと決意された時に

一番最初に取り組んだのは

ファッションなどでしょうか。

 

 

る舞いや仕草ですね。

なるほど、慎吾先生の振る舞いや仕草

って本当に美しいですよね。

一つ一つの仕草が丁寧で

私にとってのお手本です。

 

 

来事を通じて

振る舞いを心がけるようになった

きっかけとなった出来事を

教えていただけますか?

 

 

 

23の頃にアルマーニの化粧品売り場で

働いていたのですが、

仕事が終わって床を掃除している時に

当時のマネージャーに

こんなことを言われました。

 

 

「アルマーニの男性は

    掃除姿も美しくね」

 

 

この言葉が胸に響いたんです。

人に見られていない時こそ、

美しい振る舞いでいることは大事なのだな。

 

人から見えない面で努力をする、

というのは父の影響もありますね。

 

は家業で建築をやっていたのですが、

仕事の前日は念入りに準備をしていました。

現場によって手土産も

毎回品を変えて工夫したりして。

 

そういう姿を見て育ったので、

僕も仕事前は準備に時間を

かけるようになりました。

確かに、慎吾先生はどんなレッスンでも

しっかりと事前準備をなさりますよね。

 

会場のセッティングから、

席順、レッスンで使う資料など、

全てがよく考えられていて。

これはお父様の影響が大きかったのですね。

そうですね、かなり大きいです。

 

えていない所に

どれだけ時間を使うか、

心を込めているか。

を大事にしています。

 

 

に、女性のメイクで残念な例があります。

前髪で眉毛が隠れている方って

結構多いと思うのですが、

前髪がずれて眉毛が見えたら、

その眉毛が全然整っていなかった。

崩れていた、という状態って

よくありますよね。

 

 

見える部分だけ綺麗

にすればいいや

という気持ちが分かってしまいます。

 

 

常の中では

それってよくある

シチュエーションですよね。

私も気を付けないと・・・。

 

 

 

今までの様々なエピソードを聞いて

慎吾先生が思う「横顔美人」

ってこういう人のことなんだなぁ。 

というのが良く分かりました。

 

 

 

から見えていない所も

美しくあるように意識して行動する。

陰の努力を怠らない。

 

 

顔美人セラピーには

とっても深い意味があるのですね。

外見の横顔だけではなく

人生の横顔が美しいことが

 

僕が思う「横顔美人」です。

 

 

 

一人の時間を愛する人の為の美容法

供が生まれる前
こういうの勉強したなぁ
そんなことを思い出させてもらったよ
仕事、家庭をもったあなたは
誰かのために心と頭を使いフル回転
気がつくと忘れてしまった
あの頃、愛した価値観
  
 
自分の愛した価値観を
思い出してもらうことが仕事です。
 
 
 
僕は母業&仕事をしてる方に
プライベートレッスン横顔美人セラピーは
日頃、多くの人と関わっていて自分の為の時間
一人の時間を愛する女性に喜ばれています。
 
日の一枚 
────────── 
写真のお嬢さんは
僕の父の友人の娘の娘さん
要するに生まれた時からの
幼馴染の娘さん
自分の人生に
こういう日がやってくるとは…
年月を重ねる喜び
ここに感謝。
────────── 
スキンケアレッスン、小顔矯正

心を揺さぶる言葉たち Vol.2

常の中にも

ドラマの台詞のような言葉は潜んでいる。

 

僕はそれをノートにこっそり

書き溜めるようにしている。

 

ふとした瞬間に読み返して

心に潤いが生まれるようにと。

 

先回好評だった『心を揺さぶる言葉たち』

今日もちょっとだけご紹介しよう。

 

————————–

 

「おいしい、おいしいと、

思っているうちに

気づいたら、もう

無くなってしまっていました」

 

行きつけのカフェの常連には

とある有名な女性タレントが通っている。

 

珈琲に添えたスイーツの感想を

店員が尋ねたときの返答。

 

ショートカットの良く似合う

聡明な印象のその人は

読書家であるそうだ。

 

その一言からは

美しい小説をたっぷり

読んできたんだろうなと

思わず想像してしまう。

 

おいしさを「おいしい」ではなく

感謝を「ありがとう」ではなく

もっともっと伝えるために

どんな言葉を選んだらよいかな。

 

時々ふと、そんなことを考える。

 

————————–

 

「人を裁くために、

その目を使うなら何の役にも立たないよ。

導くために、その目を使いなさい」

 

僕のモットーでもある

すごく好きな言葉。

 

相手の『足りない』に気づいたとき

自分の出番だと思うこと。

 

相手が気付けていない部分に

あなたは気付いている。

 

ただ、いたずらに

批評や評価をするのではなく

何かできることを探せる人でありたい。

 

————————–

 

「美しさは見る人の心に咲く」

 

世阿弥の言葉。

 

演者は誰にどう思われるかはさておき

見手(みて)の心にゆだねましょう。

 

僕は演者として

いつも精一杯のことをするように

心掛けている。

 

素晴らしい見手に

素晴らしい受け取り方をしてもらうために。

 

————————–

 

しも、あなたがこのコラムを読んで

ちょっとでも心動いたら

きっと美しさが心に咲いているはず。

 

あなたの日常にも溢れているであろう

魅力的な言葉たちを拾ってね。

 

今日も一日、お疲れさまでした。

 

 

 

 

(語り)整顔クリエイターSHINGO
(文)NAOMI