人気メイク講師が『スキンケア瞑想~揺れる心の真ん中へ~』レッスンを始める理由

Naomi(以下N):
新レッスン『スキンケア瞑想~揺れる心の真ん中へ~』を
スタートした慎吾先生。

今日はそのことについてお話を伺いたいと思います!
よろしくお願いします。

Shingo(以下S):
はーい!
どうぞ、よろしくね。



「心を真ん中にする」とは

N:
今日はどんなお話が聴けるのか、わくわくしています!
では早速。最初の質問です。

『スキンケア瞑想~揺れる心の真ん中へ~』のタイトル!
この「心の真ん中へ」ってどういう意味ですか?

S:
うんうん。
やっぱり気になる?そこ(笑)

人の心っていうのはね、いつも揺れているんだ。
それを真ん中へするのが瞑想なんだよ。

N:
揺れている心を、真ん中に…?

S:
「真ん中」っていうのは「今この瞬間」のこと。

「真ん中へする」っていうのは
目の前で起こっていることに集中するということ。

N:
ふむふむ…。

「心を真ん中にする」つまり「今に集中する」ために
瞑想が効果的なんですね?

S:
そうだね。
僕自身も瞑想を日常的にしているよ。

河村慎吾が『瞑想』を始めた2つのきっかけ

N:
そうなんですね。

慎吾先生が瞑想を生活に取り入れる
きっかけって何だったんですか?

S:
きっかけは一つではないんだ。
いろんな角度から瞑想に行きついたんだよ。

N:
瞑想をしようと思って
瞑想を始めたわけではない、と?

S:
うん、そうだね。
例えば、きっかけの一つはヨガ

単発でのヨガレッスンは時々受けていたものの
僕はヨガをなかなか継続できずにいた。

特にフィットネス系のヨガは
呼吸が合わなかった。

そんな時、柳本和也さんのヨガレッスンを受けて
ヨガを続けられるようになった。

和也さんのヨガでは一つ一つのポーズを
とてもゆっくり丁寧にとっていく。

自分の呼吸次第で身体の柔軟性が変わっていくのを
じっくり観察しながら、実感できる。

体を動かしながら自分に、今この瞬間に、
ものすごく集中していける
んだ。

N:
ヨガの起源は瞑想なので
和也先生はその本質への理解がとても深いんですね。

S:
そうだね。

だからヨガをしてポーズをとりながら
心は瞑想状態に入っていく。

和也さんは空間や時間の作り方
場を大切にする意識も強い。

僕のスキンケアやメイクのレッスンに
『静けさ』を取り入れるようになったのは
和也さんの影響が大きいんだよ。

N:
私もヨガ好きとして和也先生の
ヨガクラスを受けてみたくなりました。

慎吾先生が瞑想を継続することになった
ヨガ以外のきっかけについても教えてください。

S:
カウンセリングの勉強をしてきたことが影響しているよ。

僕は昔からカウンセリングや心理学についても
学びを深めてきた。

そこで自分の心との向き合い方を知ったんだ。

だけど瞑想はカウンセリングのように
言葉を介さなくても
自分の心や本当の欲求に気付ける

それってすごいことじゃない?

褒め言葉を投げかけたり、
ご飯を食べたり、洋服を着たり、
外から自分を幸せにするんじゃなくて
内側から自分を幸せにすることができるのは
瞑想
だと気付いたんだ。

N:
それで今回、瞑想の資格勉強をしたんですか?

S:
そうだよ。

瞑想をして幸せを知ることは
自分と太陽の関係に似ていると思っていて。

夜になったら見えないだけで
ちゃんと太陽があることを自覚できれば
その光で自分を照らすことができる。

瞑想をして自分で自分をちゃんと理解して
「自分にとって何が幸せか」を知る。

自分を幸せにする術を知っておくことは
とても大切
だと思うんだ。

瞑想で大切なのは「習慣化する」こと

S:
瞑想もマインドフルネスも大事なのは
「アイディアが出ること」ではなくて
「気付くこと」。

N:
自分と向き合って「本来の自分」に「気付く」…。

S:
そう。そして、その気付きの源(みなもと)を
掘り下げていくことが大切なんだよ。

例えば旦那さんへの愛情がなくなってしまったことに
気付いたとしよう。

そこで「じゃあ離婚しよう」と考えるのはまだ浅瀬。
海の中は何も見えていない。

「いつ頃から?」「なんで今気付いたんだろう?」
自分の内側にもっと潜ってほしい

もっとダイビングして深いところを見ていってほしい。

N:
表面的な気付きで終わらせないためにも
瞑想を習慣化して「継続」することが必要なんですね。

S:
そうだね。
僕は思考とは「埃みたいなもの」だと考えている。

日々、頭の中に思考は溜まっていく。
だから毎日欠かさず、掃除してあげる必要があるんだ。

溜まった思考を掃き出して
真の自分の欲求に気付いて深掘りしていく。

N:
私たち人間は気づかないうちに
常に頭の中で考え事をしていますもんね。

それが掃除をしないと溜まっていく…。
思考を埃に例えるとイメージしやすいです。


S:
僕は「一生、大掃除はしない」って決めている。

毎日こつこつ掃除をしながら生活をすれば
大掃除の必要はないからね。

頭の中も同じ。

思考を溜め込みすぎないように
一日何回も瞑想することもあるよ。

女性にとってスキンケアは毎日の行為だから
その時に一緒に瞑想をすれば
生活に取り入れてもらいやすいと考えて
『スキンケア瞑想~揺れる心の真ん中へ~』
思いついたんだ。

なぜスキンケアと瞑想が融合したのか?

N:
「なんでスキンケアとセットなのかな?」と思っていましたが
習慣化するためだったんですね。

慎吾先生といえば「メイク講師」のイメージが強いですが
毎日するのはメイクも同じなのに
なぜスキンケアへ焦点を当てたんでしょうか?

S:
メイクレッスンをしているうちに、
メイクをするときはどうしても
『男性性』が際立ってしまうことに気付いたからだよ。

『男性性』とは自己顕示欲

「綺麗に見せたい」「強く見せたい」とか
自分の弱みを隠して理想に近づきたい想いを
無意識に生んでしまう。

それに対して、スキンケアは『女性性』

「人を愛する」とか「受け入れる」「育む」という
気持ちにアプローチできる。

N:
女性らしくあるためのメイクで
男性性が際立ってしまうなんてジレンマですね。

S:
うん。

それに最近は『陽』の気が強い人が多い。
みんな頑張りすぎて肩肘張っている
いつも力が入っているんだよ。

スキンケアは
朝一番や、夜寝る前の
リラックスタイムにするよね?

気が抜けた状態で自分の肌に触れると
心がほっと落ち着く。

そこに瞑想を取り入れたり
呼吸を整えたりすると
さらに自分の心や体を
ゆるませることができる
んだ。

女性である自分とよりきちんと
向きってほしい
という想いもある。

N:
スキンケアと瞑想の効果を高めながら
女の時間も味わえるんですね。

S:それだけじゃなくて
より美しいメイクができるようになるよ。

スポーツはストレッチをしてから始めるよね?

メイクも一緒で
きちんとストレッチできていないと雑になる。

準備体操にスキンケアをきちんとする重要性に
僕は気づいたんだ。

日々の忙しい生活の中でも
丁寧に肌に触れる時間をとって
自分が女である幸せを感じてほしいな。

N:
「意識を今この瞬間に集中させる」という観点でも
スキンケアのが良いですよね?

メイクって将来の自分のためにしているから…。


S:
その通り。
なおちゃん、いいところに気が付いたね!

メイクは「デートの日だから、いつもより女性らしく」とか
「仕事で大事なプレゼンがあるから、パリッと」とか
今日の一番大切なシーンの自分をイメージして施す場合が多いよね?

意識が今この瞬間ではなく未来に向いてしまっている。

だけどスキンケアは今この瞬間の肌に触れて
その肌質やぬくもりを感じ取る
ことに集中する。

そういう点でも
瞑想ととても相性が良いんだよ。

「メイクレッスンの後は仕事のアイディアが湧いて
スキンケアレッスンの後は
コンプレックスが無くなります」という声を
生徒様からいただいたことがある。

まさにメイクとスキンケアの違いを
言い当てているよね。

「生まれたときの心」で自分と向き合えるようになる

N:
生徒さんご自身もレッスンから自然と
メイクとスキンケアに対する心構えの違いを
敏感に感じ取っていらっしゃるんですね。

スキンケアレッスンでは他に
どんな効果が得られますか?

S:
卑下しないで自分のことを見られるようになるよ。

実はそれってごく自然で
当たり前のこと
だと僕は思うんだけどね。

多くの特別な何かがあるわけじゃない。

すごくシンプルなんだけど
複雑に生きている人が多い
んだよ。

スキンケア瞑想の最大の目的は
自分の顔を見て
「素敵だ」と思わず「嫌だ」とも思わないようにすること。

なおちゃんは、この地球上に生まれて
初めて鏡で自分の顔を見たときのことって覚えている?

N:
全く記憶にないです…。

でも鏡は好きで、移っている自分よりも
逆さまに映る風景が面白くて、よく鏡で遊びました。

S:
ユニークな子供だね(笑)

それって鏡に映る自分に
固執しなかった
ってことだよね?


N:
ああ、そうかもしれませんね。

慎吾先生は初めて自分の顔を見たときのこと
覚えているんですか?

S:
僕ははっきり覚えている。

鏡を見て「ふーん、こんな顔しているんだ」って
ただただ顔の形状を認識した記憶。

顔を見て、好きか嫌いか判断するのって
「他人との比較」なんだよ。

生まれてきたとき人間の脳は白紙でしょ?

過去の記憶も思い描く未来もない。

だから幼い日の僕は鏡を見て
ジャッジせずニュートラルな心
自分と向き合えたんだ。

「生まれて初めて鏡を見たときの状態に
 戻りませんか?」と提案したい。

自分のことを好きとか嫌いではなく
美しい美しくないではなく
生まれたときの状態になりましょう

今日、この瞬間、ただ鏡に向かえることに感謝する。

そうやって、ただ「今にフォーカス」してほしい。

幸せな人生を送るカギは「五感力」

N:
今にフォーカスしていくと、どんな変化がありますか?

S:
五感力が高まっていくよ。

スキンケア瞑想の目的は
五感力を高めることでもある。

五感が鈍ると
本当は何がしたいのか?
今誰に会いたいのか?
自分はどんな服が似合うのか、着たいのか?

自分の欲求すら分からなくなってしまう。

人生の中で一番重要なのは
今ここで起こっていることに集中して
今この瞬間の心や感情に気付くこと。

僕たちは結局「今」しか生きられない
「今」しか変えられないからね。

でもそのために
瞑想をきちんとしようとすると一日に
30分や1時間、長い時間をとられてしまう。

それに、新しいことを習慣化するまでが
なかなか難しい

スキンケアはもうすでに女性にとっては
日常の中のルーティーンだから
瞑想を一緒にしたら取り入れやすいよね。

それにスキンケアでは
手に触れている肌の質感や温度を感じながら
呼吸を体に入れる。

自分をたっぷり感じていくことで
五感が研ぎ澄まされていく

瞑想を「習慣化」できる理由

N:
スキンケアと瞑想を合わせて行うことで
五感を高めるのにも相乗効果が期待できるんですね。

このレッスンを受けて瞑想を習慣化したら
どんな風になりますか?

S:
僕はね「今の自分に最大限貢献してほしい」って
いつも思っているんだ。

もっとね、みんなが
自分を肯定することにエネルギーをつかってほしい。

自分の美しさを『種』だと考えて。

その種に、土を入れて、水を注いで、
きちんと太陽に当ててあげてほしいんだ。

きれいな花を咲かせる
つまり、自分らしく美しくあるためには
手間暇かけなくちゃいけない。

毎日きちんと手入れしてあげてほしい。

「きれいな花が咲きますように」って
お祈りするみたいにね。

N:
お祈り…かあ。

ただ手を動かすだけではなく
「心を込める」という意味でぴったりの表現ですね。

S:
僕は女性をみんな神様だと考えている

神社には参道と宮があるけど
女性にも産道と子宮があるよね。

女のひとは体の中に神社があるんだよ。
だから毎日欠かさず、自分にお祈りしてあげなくちゃ。

スキンケアは毎日するもの。

そこに瞑想を融合させることで
より強力なお祈りになる。

N:
スキンケアと瞑想を融合させた背景には
いろんな理由があったんですね。

S:
そうだよ。

スキンケアの最中がマインドフルであると
肌にも心にもより高い効果がある

一手一手に意味をこめるとそれは『徳』になる。

動作だけではなくて
一呼吸一呼吸にも意味を感じてほしい。


慈愛スキンケアレッスンとの違い

N:
慎吾先生はこれまでに
『慈愛スキンケア』レッスンもしていますよね?

今回の『スキンケア瞑想~揺れる心の真ん中へ~』とは
どういう違いがあるんでしょうか?

S:
『慈愛スキンケア』レッスンは
人によっては人生観を変えるほどのレッスンなんだけど
一部の人にとってはしっくりこない。

どこか手応えを感じられなかったんだ。

「なぜ伝わらないんだろう?」と考え
一つの結論に行きついた。

慈愛スキンケアレッスンでは
自分と他人との人間関係を見つめ直す。

その時に親や家族と向き合う人が多い。

深層心理に触れるから
メンタル的にはかなり深い段階のレッスンなんだ。

自分ときちんと向き合えてない人が
他人との関係性にまで目を向けられるはずがない

人によっては拒否反応を示す場合もあった。

そういう人はまず
自分の心を真ん中にするステップが必要だと気付いた。

それが『スキンケア瞑想~揺れる心の真ん中へ~』が
生まれた背景でもあるよ。

N:
なるほど。

自分と向き合う時間って意外ときちんととれていないし
想像以上にエネルギーがいります
もんね。

S:
そうだね。
瞑想では五感を閉じて内側に意識を向ける。

心を真ん中にして、呼吸を整え五感を敏感に。

毎日のスキンケアと同じように
自然にそれができる女性を増やしたいな。

N:
素敵。『スキンケア瞑想~揺れる心の真ん中へ~』で
また一段と輝く女性が増えますね!

~ 編集後記 ~

あなたにとって大切にしている「習慣」はありますか
それは何ですか?

私は毎朝6時からヨガをすることです。

忙しくて時間が取れないときこそ「習慣」を守ると
心も身体も良い状態でキープできます。

同じ時間に同じことを繰り返すと
自分に対しての感度が上がっていきます。

昨日との微細な違いに、毎朝気付けるようになります。

継続すればするほど
一週間前、数カ月前、半年前、一年前…の自分との変化が面白い。

今回、慎吾先生から
「スキンケア瞑想が五感力を高める」と聞いたとき
「なるほどなあ」と妙に腑に落ちたのは
きっとその体験があったからです。

自分と向き合う習慣がない方はぜひ、何か見つけてみてください。
あなたの人生をより豊かにしてくれるはず。

何かお力になれるのでしたら
『スキンケア瞑想~揺れる心の真ん中へ~』レッスンで
河村慎吾先生があなたのことをお待ちしております。


Naomi


-講座のご案内-

『スキンケア瞑想~揺れる心の真ん中へ~』
レッスンは下記日程で開催します!
会場:東京広尾

お申込みお待ちしております(^^)